取扱製品
中古機器
IBM社汎用機(Z-Series)のホスト、周辺装置をはじめ、i-Series、p-Series 等のコンピュータ機器をIBM社の保守保証もしくは、当社の保証サービスをつけて、お客様にお届けします。また、HP、Sun、Ciscoなどの各メーカーのコンピューターに関しましても、国内販売中止になった部品を含め、海外市場より調達し販売をしております。豊富な在庫、多数の海外調達ネットワークにより、当社の保証を付けて、新品定価に比べ、優れたコストパフォーマンスで提供しております。
新品製品
中古機以外のビジネスとして、各メーカー機器でのソリューションを提供しております。
IBM製品
メインフレーム System z、zSeries、他
AIX、IBM i、Linux Power Systems、System i、System p、pSeries、iSeires、他
x86サーバー System x、BladeCenter、xSeries、他
ストレージ System Storage、他
ネットワーク System Networking、他
ibm
Sun製品
サーバー Sun Fireシリーズ、Sun Enterpriseシリーズ、Sun Netraシリーズ、Sun Bladeシリーズ、Sun Ultraシリーズ、他
sun
hp製品
サーバー ProLiantシリーズ、BladeSystemシリーズ、Integrityシリーズ、Integrity NonStopシリーズ、他
hp
CISCO製品
ルーター 3900シリーズ、2900シリーズ、1900シリーズ、800シリーズ、他
スイッチ Catalyst6500シリーズ、Nexus7000シリーズ、Catalyst4500Eシリーズ、Catalyst4500-Xシリーズ、Catalyst3750-Xシリーズ、他
cisco
BROCADE製品
スイッチ Brocade ICXシリーズ、Brocade VDXシリーズ、Brocade FCXシリーズ、他
ルーター Brocade MLXシリーズ、Brocade NetIron XMRシリーズ、Brocade NetIron CER 2000シリーズ、他
brocade
ダイネットコム製品
AB切替えスイッチ MarketCentral社製ABスイッチ Dataprobe社製ABスイッチ NSGDatacom社製ABスイッチ
電源Webコントロール Dataprobe社製 iBoot iBootBar
dynetcom
日立ストレージソリューション製品
NAS VFP
iSCSI AMS2000
FICON / FCLINK USP VM、USP V、VSP
hitachi
よくあるご質問
IBM製の中古機器の購入を考えているお客様より、よく寄せられる質問

Q1. メーカでない第三者がIBM製の中古機器を販売しても法律上問題はないのか?
A1. 全世界的に見て、共産圏などの一部の国に対して一部の高性能コンピューターの輸出禁止の約束が日本国でも交わされています。弊社におきましては、輸出に対してこの約束事をしっかり守っております。又、日本国内では中古機の販売として許可を届けております。
(東京都公安委員会許可:第305540005570号)



Q2. IBMの中古機をメーカー以外から購入した場合、その機械はIBM社の保守契約に入れるのか?
A2. IBMの保守契約に入る為の検査作業(インスペクション)を実施し、通過することで可能です。
インスペクション通過までは、弊社が責任をもってサポートいたします。
弊社より機器を購入される場合、希望によりインスペクション作業無しで無条件にてIBM社の保守契約が入れる保証(MSQ)がついている機械も納品可能です。
(MSQ付きの機械で、IBM保守に入るのが前提で、なおかつ、MSQの効力を行使する場合は、IBM技術員が導入作業にあたります。)



Q3. 日本製のコンピュータは調達可能か?
A3. 日本製のメインフレームは現在扱っておりません。
これは、世界的コンピュータ市場におきまして、その流動性がないことによります。
(IBM製コンピュータは、中古市場においても大きな流動性があり、このことが弊社がそれらを扱っている所以です。)



Q4. 乗用車などの中古車は、最高スピードが新車に比べて遅くなるなどの性能劣化があるが、中古コンピュータ機の場合同様にスピードなどが遅くなるのか?
A4. いいえ、まったくありません。
コンピュータは、内部クロックと呼ばれる物で能力を管理されていますので、中古機であろうと発表された能力(スペック)を十分発揮いたします。



Q5. 納品はどのくらいかかるのか?
A5. 在庫がある場合は即納可能となります。
海外輸入の場合、追加機構の種類と数量によりますが、1ヶ月程度と考えてください。



Q6. 価格に関して、どの程度と考えればよいのか?
A6. 価格に関しましては、為替変動や品薄物件のプレミア、新機種の発表と価格変動要因が多々ありますので、時々に応じてお問い合わせください。